老眼の聴く読書

スポンサーリンク

聴く読書とは

本を目で読むのではなく耳で聴くという「オーディオブック=聴く本」のことです。

私は老眼になって本を読むと目が疲れるようになりました。

老眼でなくても本が好きなのに目が疲れて読むのが辛い人にはいいと思います。

本の内容によっては何かしながら聴ける、ながら聴きできるのがメリットですね。

デメリットとしては、小説などはながら聴きは私には無理だったことです。

聴き逃すと意味がわからなくなります。

どんな本でも私は読むより聴く方が頭に入りにくいですが、目にはいいので重宝しています。

Audible(オーディブル)

Amazonが提供しているプロのナレーターが朗読した本を聴けるサービスで、アプリやPCから利用できます。

会員は月額1500円。

以前は聴き放題のサービスでしたが、現在は月に1冊ダウンロードできる形態になっています。

毎月コインが1枚発行されてそれで購入するというスタイルです。

もしそのコインを発行された月に利用しなかったら自動的に翌月に繰り越されますが、有効期限はコイン発行日から6カ月間なのでその間に使うようにしましょう。

退会しても購入した本は聴くことができます。

無料体験で得た本もそのまま聴けます。

利用しなかったコインは退会すると使えなくなるので使ってから退会しましょう。

会員だと購入した本がイメージと違ったら返品・交換が可能ですが、短期間の過度の返品・交換はやめてほしいようです。

そりゃそうですよね。

返品・交換するのも少し手間がかかるので、そう何度も簡単にできないようになっている印象です。

毎月1冊無料で聴けるボーナスタイトルがあるから実質月2冊もらえます。

無料の1冊はすでに決まった本なので自分では選べません。

ダウンロードすればオフライン再生・再生速度調整・スリープタイマー・ブックマークもあってと使いやすいです。

ここでしか聴けないポッドキャストが聴き放題。

月額1500円は高く感じますが、聴く本というのは紙の読む本より値段が高いです。

提供されている本であれば値段関係なく1500円になります。

本当は3000円する本でも会員なら1500円で聴けるということです。

40万以上ある中で日本語作品数は1万6千、カテゴリー数は32です。

追加で購入したい場合は30%オフの会員価格になり、会員でなくても割引なしの単品購入はできます。

支払い方法はクレジットカードのみ。

まるでAudibleの会員になっているようですが、私は無料体験です。

30日間の無料体験ができるので興味のある人は聴いてみるといいと思います。

30日間過ぎる前に退会すれば料金はかかりません。

退会は簡単にできますがアプリではできないので、PCサイトにアクセスして手続きする必要があります。

また利用する予定があるのなら退会ではなく休会もできるのでそちらを選ぶといいでしょう。

audiobook.jp(オーディオブック ドット ジェイピー)

オトバンクが提供している日本最大のオーディオブック配信サービスです。

こちらもAudible同様プロのナレーターが朗読した本を聴けるサービスで、アプリやPCから利用できます。

イチオシは聴き放題月額750円というところでしょう。

聴き放題のサービスを提供しているのはここだけです。

そのかわり解約すると聴いていた本はもう聴くことはできません。

日本語作品数は2万7千、その中で聴き放題は1万、カテゴリー数は10です。

オフライン再生・再生速度調整・スリープタイマー・ふせん機能もあり使いやすくなっています。

ポッドキャストも聴けますが、聴き放題か単品購入です。

聴き放題以外にも月額会員があり、月額550円~33000円と幅広い料金設定。

購入したいのなら月額会員はお得です。

支払い方法はクレジットカードの他に、ドコモケータイ払い、ソフトバンク・ワイモバイルのまとめて支払いがあり、auはかんたん決済が単品購入のみ可で、iOSとAndroidでアプリ内課金が月額サービスのみ可となっています。

単品購入と月額サービスの支払い方法は違う部分があるので注意が必要です。

クレジットカードだと両方で利用できるのでオススメですね。

聴き放題は30日間の無料体験があります。

解約はいつでもできますが、聴き放題の場合は登録した方法によって解約方法が3つに分かれています。

月額会員はaudiobook.jpの公式サイトから手続きします。

ちなみに退会と解約は別です。

聴き放題も月額会員も解約したら無料の通常会員になってaudiobook.jpには会員登録されている状態になります。

audiobook.jpには会員登録されていて、その中のプランを解約しただけということです。

最大の注意点はaudiobook.jpの会員自体を退会してしまうと、購入したすべてのオーディオブック(本)が聴けなくなります。

聴き放題なら購入しているわけではないので解約したらすべて聴けなくなるのは問題ありませんが、通常会員で単品購入していたり月額会員は購入しているにもかかわらず退会すると聴けません。

これってどうなの?って思うシステムです。

ただしオーディオブックをmp3形式でダウンロードできるので、アプリではなく公式サイトからオーディオブックをダウンロードして保存すると、audiobook.jpを退会しても聴けます。

このことを知らずに退会してしまうとガッカリすること間違いありません。

他のオーディオブック提供サービス

Audibleとaudiobook.jp以外にもオーディオブックを提供しているサービスがあります。

  • himalaya
  • LisBo
  • でじじ
  • kikubon
  • honto

私はこの中でhimalayaしか知りません。

himalayaはポッドキャストで知っていましたが、他は聞いたこともありませんでした。

作品数はこの中ではhimalayaが多いですがそれでも充実しているとは言えません。

他は確実に作品数不足です。

現在オーディオブックはAudibleとaudiobook.jpが圧勝というところでしょう。

Audibleとaudiobook.jpどっちがいい?

アプリの機能はほぼ一緒ですが、audiobook.jpは再生速度が0.5~4倍速まで可能です。

Audibleは0.5~3.5倍速までです。

これでもすごく速いので十分ですが、というか速すぎて私は使いませんが一応説明しておきます。

聴くまでの操作はAudibleはアプリで直接ダウンロードできないので面倒ですが、audiobook.jpはアプリでできる分楽かと思います。

しかし聴き放題ではないのなら、audiobook.jpを退会すると購入していても聴けなくなるため、オーディオブックをmp3形式でダウンロードして保存しておかなければなりません。

これは退会しないとしてもmp3形式でダウンロードしておいた方がいいと思うので、購入する場合Audible同様公式サイトからダウンロードする手間は同じです。

全体作品数とカテゴリー数はAudibleが多いです。

日本語作品数だとaudiobook.jpの方ですね。

とはいえ、聴き放題になると1万と少なくなるのでAudibleに軍配が上がります。

でもその聴き放題が解約したら聴けなくなるとはいえ最大の魅力であり月額料金も安いです。

Audibleとaudiobook.jpの月額会員の比較になりますが、audiobook.jpの料金設定が幅広いため一概にコレとは言えません。

単品購入だけで考えるとaudiobook.jpが安いのでお得です。

同時に利用できる端末数はAudible最大9台、audiobook.jp最大4台になります。

結論

全体作品数とカテゴリー数➡ Audible

日本語作品数➡ audiobook.jp

アプリの機能➡ audiobook.jp

月額サービス(聴き放題があるから)➡ audiobook.jp

単品購入➡ audiobook.jp

同時利用端末数➡ Audible

支払い方法➡ audiobook.jp

退会方法➡ Audible

退会後のオーディオブック利用➡ Audible

まとめ

これは2021年3月に調べた情報ですが、4月現在も変わっていません。

これから変更される可能性はあります。

全体的に考えて毎月購入するならAudibleですね。

でも私は一度聴いた本はもう聴かないことが多いので、聴き放題があるaudiobook.jpでいいです。

ブログなどで紹介する時にまた聴いたりはしますが、それがなければ聴きません。

なぜかと言うと、たくさん作品があるのに同じのを聴くのは時間がもったいないからです。

もしAudibleに聴き放題があったら月額料金がaudiobook.jpより高くてもAudibleにしました。

そこまでの理由ではないんですけどaudiobook.jpの方が不親切な印象があるんですよね。

やはり購入したらオーディオブックをmp3形式でダウンロードしておかないと退会したら聴けなくなることがどうかと思えるからでしょう。

よく見ない人や調べない人もいますからね。

アプリばかり使っている人は意外とこのことを知らない人もいるはずです。

個人的にはaudiobook.jpは日本の企業が提供しているので応援したいのですがね。