XMLサイトマップによるエラー

スポンサーリンク

はじめに

この記事はXMLサイトマップの設置方法やGoogleサーチコンソールによるXMLサイトマップ送信方法ではありません。

Googleサーチコンソールのインデックスガバレッジでエラーを報告された時の対処法になり、調べて修正したのに改善されない人向けの記事になります。

エラー報告の詳細はGoogleサーチコンソールのインデックスガバレッジを見ればわかるようになっていて、それらの対処法を紹介してくれているブログやサイトがあり、その通りに試みたにも関わらず修正できない人向けの対処法です。

私自身がこれに苦戦し、SEOの検索エンジンについて説明してくれているサイトとGoogleの公式ヘルプを参考にしてたどり着いた方法です。

この方法を大々的に説明してくれているブログやサイトはほとんどなく、私もやっと見つけたサイトで解決できました。

そのサイトは「SEO検索エンジン最適化/XMLサイトマップでは正規URLだけを送信する」です。

ここ以外のサイトは私が調べた中では、ほとんどがよくある対処法しか記載されていませんでした。

XMLサイトマップとは

XMLsitemap(エックスエムエルサイトマップ)は、検索エンジンにブログやサイト内のページのURLをリストアップして伝えるファイルのことです。

ブログやサイトの住所録のような役割を持ち、検索エンジンにクロールしてほしいURLを伝えるために作成します。

それにより検索エンジンが効率的にクロールできるようになるため、ブログやサイトに設置することを推奨されています。

WordPressの場合、XMLサイトマップ作成プラグインや他のプラグインに一緒に入っているのもあり、簡単に設置できます。

ちなみにブログやサイトを訪れた人向けのサイトマップ(HTMLサイトマップ)とXMLサイトマップは別ものなので注意しましょう。

XMLサイトマップは必要か?

結論から言うと、個人ブログや規模の小さいサイトには必要ありません。

ブログやサイトを作る時色々調べると思いますが、その時に「XMLサイトマップを作成しましょう」等の記事を必ず見ることになるでしょう。

「Google検索で上位表示させるのにXMLサイトマップの送信は必須」などと書かれていることがほとんどですが、必須ではありません。

そしてXMLサイトマップを送信しないことが不利益になることもありません。

それどころか送信したことでエラーになることがあり、そうなると検索上位表示どころではなくなります。

XMLサイトマップを送信するのには、Googleサーチコンソールを使います。

そこのインデクスガバレッジでエラーや警告の報告がされます。

もしエラーや警告の報告があるのなら、放置せずに早急に改善した方がいいでしょう。

Googleサーチコンソールとは

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)は、Googleが無料で提供しているツールです。

Google検索の表示結果を知ることができ、新しく追加したページがあったらいち早くGoogleに伝えることができ、ブログやサイトの状態を把握することができたりします。

このブログやサイトの状態を把握することが重要で、この時にエラーや警告の報告がされていたら改善する必要があります。

似たようなツールでGoogleアナリティクスというのもあり、これもGoogleが無料で提供しているものですが、サーチコンソールとは違います。

サーチコンソールとアナリティクスの違いをザックリ説明すると、サーチコンソールはブログやサイトに訪れる前(検索結果→どれくらい表示されクリックされたのかなど)のデータがわかり、アナリティクスは訪れた後(ブログやサイトに訪れる→どこから来てどのページを見たのかなど)のデータがわかります。

この2つを連携して使うと一連の流れを分析できるのでとても便利です。

エラーの詳細

Googleサーチコンソールのインデックスガバレッジにエラーや警告の報告がされている場合、詳細も表示されています。

私は警告ではなくエラーがあったのですが、詳細に「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とありました。

27ものエラーページがあり、そのすべてが「noindexタグが追加されている」というものです。

noindexタグとは、ブログやサイトのページを検索エンジンにインデックスさせないために使うmeta(メタ)タグの1つです。

これが設定されたURLは検索エンジンにインデックスされなくなります。

インデックスとは、ブログやサイトのページが検索エンジンのデータベースに登録されて検索されるようになることです。

metaタグはHTMLのhead内に配置されるタグのことで、Googleの検索結果に重要な要素です。

noindexタグを自分で記載したわけではありませんが、何らかの理由でそうなっているという感じです。

最終的に修正したものをGoogleサーチコンソールで検証してもう必要があります。

合格するまで修正して検証してもらいます。

私は色々調べて修正したにも関わらず全く改善されませんでした。

エラーの原因

適切なXMLサイトマップではない、不適切なXMLサイトマップを送信したために起こります。

自分で記載しているわけではないので、適切なXMLサイトマップが自動生成されていないということです。

適切なXMLサイトマップとは、正規のURLだけをリストアップしたものです。

つまり不適切なXMLサイトマップには、重複しているURLやnoindexのページなど正規でないURLが記載されているということです。

XMLサイトマップは正規のURLを送信するものなので、正規でないURLを送信するとGoogleによる評価が混乱しエラーが起こります。

XMLサイトマップの主な役割は、正規のURLをGoogleに伝えるものなのです。

解決方法

適切なXMLサイトマップにすればエラーはなくなりますが、この適切なXMLサイトマップにするのが私には困難でした。

色々修正しましたが改善されないので、もはやどこがおかしくて何を修正すればいいのかわからなくなりました。

しかしエラーをそのままにしておくのは検索流入において損失になります。

ではどうするのか?

Googleサーチコンソールで送信したXMLサイトマップとブログやサイトのXMLサイトマップを削除します。

Googleサーチコンソールで送信したXMLサイトマップの削除方法は、検索すると出てくるのでそちらを参考にしてください。

WordPressのブログやサイトのXMLサイトマップの削除方法は、XMLサイトマップ作成プラグインなら無効化して削除し、他のプラグインに一緒に入っているのならXMLサイトマップの部分が有効になっているはずなのでそれを無効にします。

これらも検索すると出てきますので詳しく知りたい方は調べてください。

適切なXMLサイトマップを自動生成してくれているのなら送信しても問題ありませんが、エラーになるのならXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールで送信しなければいいのです。

「XMLサイトマップは必要か?」にも記載しましたが、送信しないことによる不利益はありません。

むしろエラーになっている方が不利益になります。

不適切なXMLサイトマップを送信するくらいなら、何もしないほうがいい結果が得られるということが参考にしたサイトでは出ています。

まとめ

解決策を知ると作業は簡単ですが、そこまでたどり着くのに苦労しました。

そもそも私などのブログやサイト運営者が何もしなくても、Googleはほとんどのページをクロールできます。

では適切なXMLサイトマップを送信するメリットはあるのかですが、企業などが運営している大規模なサイトの場合、正規ページの指定や維持管理が簡単にできるとGoogleの公式ヘルプに記載されています。

XMLサイトマップを送信することは、適切なXMLサイトマップならメリットがありますが、不適切なXMLサイトマップならデメリットになります。

つまりブログやサイトの規模の大小に関係なく、送信するXMLサイトマップが適切なら問題なく、不適切なら問題なので何もしない方がいいということです。