YouTubeの話

スポンサーリンク

最初のYouTube

初めてYouTube(ユーチューブ)を出したのは2020年の夏あたり。

その前にリサーチ。

自分の得意な分野で勝負しようとしたけど、まあまあな混み具合。

なので話す内容を得意分野1つではなく、もう1つ得意分野なものをくっつける構成にした。

動画自体は作っていないような音声メインで出している人のを参考にし、静止画はYouTube的にあまりよろしくないらしいので、とりあえず話の内容と関係ない動画で動かして、それとは別な音楽も乗せた。

動画も音楽も著作権フリーで無料のを探して使わせてもらうことにしたが、こういうのがあることも知らなかったので時間がかかる。

YouTubeを出すにあたって著作権問題は事前に調べておかないと後々大変面倒なことになりかねない。

というように何をどのように配信するかは比較的すぐに決まったけど、初心者なので音声や動画の編集とかわからないからこれまたすぐにできなかったりする。

そしてそれより前にYouTube用のアカウントを作ったりしているが、実はもうそこから時間がかかっている。

もともとあったGoogleアカウントは使いたくなかったのでブランドアカウントを作ったのだけど、基本情報や写真・バナー画像などの編集も設定もすぐにはできなかった。

今でこそすぐにできるのはやったことがあるからであり、そういう意味でもなんでもやってみることはいいことである。

有料編集ソフトはまあまあなお値段。

やはり最初なのでお金をかけたくないのが本音。

やってみて楽しくなかったり自分に合ってなかったらやめるからね、お金かけてたらちょっとなと。

というわけで評判のいい無料の編集ソフトを探したらあった。

音声編集にはAudacity(オーダシティ)、動画編集にはAviUtl(エーブイアイユーティル)を使うことにした。

しつこいようだが初心者である。

さっぱりわからない。

しかしながらAudacityもAviUtlも使い方を詳しく教えてくれているサイトが多数存在するので、調べると使えるようになってくる。

わからなくなっても解決できないことはないくらい良質なサイトが多くて困らない。

とはいえ、ものすごく時間がかかる。

わからないことや使ったことがないものをいちから覚えるのは時間がかかる。

ましてや私は中年の女である。

この世代の中年女にしてはパソコン作業がまあまあできる方だと思うけど、脳細胞は若い頃より死んでいる。

さあやっとできたわ!いざYouTubeにアップロード!

うまくいかなかった。

これも間違いに気づくまで時間がかかっている。

アレコレやってやっとYouTubeを出せるようになってすぐに、同じ音声をPodcast(ポッドキャスト)でも配信することにした。

Podcastとは音声や動画のデータをネット上に公開できるもので、個人のラジオ番組を作ってパーソナリティになれるようなものである。

言っておくがこれも初心者なので配信するまで時間がかかっている。

YouTubeもPodcastも初めは当然反応はないが、Podcastはカテゴリー別にランキングが公開されていて、私のラジオも徐々に変化が目に見えてわかるようになった。

しかしながらYouTubeは登録者数も再生回数もさっぱり反応がなく、半年間配信したがちまたでよく言われているような結果を得られずやめてしまった。

たったの半年でと言われそうだが、その半年間の反応がよく言われているようなことにすらならなかったのだ。

よく言われていることというのをザックリ言うと、だいたい1、2カ月は伸びないのが当たり前、3カ月目あたりからちらほら反応が出てくるというものである。

私のチャンネルはそれにすら当てはまらなかった。

そこでまた色々調べたり分析したりしてみて「内容がニッチすぎてのジャンル失敗」だということにたどり着いた。

これも100%正解とも断言できないけど、あまりに見られなかったため失敗なのは確実かと。

半年間のデータを見るとそのチャンネルを続けるより新しくやり直した方が良いという結論に至る。

この失敗というか挫折は落ち込むには十分な理由になり、しばらく何もする気がなくなったので、YouTubeを新たに出すことはなかった。

もはや何をYouTubeに出したらいいのかわからなくなったのだ。

それにしてもYouTubeを出したことがない人は、簡単にやっていると勘違いしている人が多いと思う。

またYouTubeに挑戦

しばらくやる気が起きなかったのだが、またYouTubeをやることにした。

しかし何にしようか迷っている。

Podcastにも音声を配信したいので音声だけでもわかるように話す必要があるし、動画も必要である。

失敗したYouTubeは音声メインで動画は適当に動かしているだけで見る必要がないものだった。

音声メインで動画を重視していないチャンネルはたくさんある。

ラジオ動画というやつね。

それでも再生回数がそれなりにいっているチャンネルは、芸能人・有名人などのものや物申す系・ニュース系・ネガティブ系・スピリチュアル系などだ。

でも今までの私もそうだったが、これって動画にする意味ある?と思うようになった。

音声だけならPodcastでいいじゃないと。

Podcastを知ってしまうとYouTubeよりとても聴きやすいのでオススメである。

Podcast以外にも音声プラットフォームはあるが、私は今のところPodcastでしか聴かない。

そこで私はゲームが好きなのでゲーム配信しながら雑談でもしようかと思って、キャプチャーボードなどゲーム配信に必要な機材をそろえたけど、パソコンのスペックが低くてサクサク動かず断念。

パソコンを買いかえるくらいならPS5を買おうとしたがまともな価格で売ってないし、PS4よりやっぱりPS5ほしいしで諦めた。

ゲーム実況はレッドオーシャンだ。

私はゲーム実況するのではなく、自分がゲームしたものを動画にしてその上に音声を乗せようと思っていたのだ。

少しはゲームのことも話すけど実況ではなく、メインはゲームとは関係ない雑談にしようと思っていた。

もちろん著作権も調べている。

ゲーム配信させてもらうのならゲームの話はしないといけなさそうなので、ところどころに話を入れるつもりではいたのだが、なんだか色々と面倒くさい。

任天堂はほとんどのゲームをYouTubeで配信することにOKを出しているが、それは任天堂のソフトのことである。

つまり任天堂のゲーム本体で遊べるソフトは必ずしも任天堂が作ったものではないから、本体よりもソフトのメーカーのルールに従わなくてはいけないということ。

調べるまで任天堂のゲーム本体で遊べるソフトはすべて任天堂のものだと思っていた。

だってオバサンだもの。

そんなの知らんわ。

YouTubeでゲーム配信しているチャンネルを見ていると、著作権無視してやってるんだか知らないんだかわからないんだかの人が結構いそうである。

それとも個別に許可を取っているのか?

よくわからない。

やっぱりゲーム配信無理かしらね。

これからやるYouTubeは趣味である。

初めてのYouTubeでは収益を目的としていた。

初めてなのにずうずうしい話だが本気で取り組んでいた。

その分失敗は辛い。

これからのは趣味のYouTubeなので好きなことを話す方が楽しいと思い1人で雑談することに。

好きなゲームをしながら・・・・・

と思っていたのだが無理そう。

ゲーム動画の上に別どりした音声を乗っけようと考える前は、ゲームしながら話をしたものをそのままアップする計画だっのたが、ゲームしながらそのゲームの話はできるけどゲームと関係ない話をするのは難しいとやってみてわかった。

やる前からわかりそうなものだが簡単にできると思っていたのだ。

我ながらバカである。

なんでもやってみないとわからないもの。

パソコンゲームも興味あるけど、そもそもパソコンのスペックが低いのでダメそう。

せっかくキャプチャーボード買ったのにパソコンゲームだと必要ないというね。

キャプチャーボードもまあまあなお値段なので、パソコンのスペック低い問題は痛い。

キャプチャーソフトの方を変更してやってみようとは思うが期待はできない。

もしキャプチャーソフトを変更して使えるようになったら、総合的に考えてゲームはスマホゲーム一択になるかも。

パソコン買いかえたら?と思うかもしれないけど、一応それも考えてはいる。

でも今のところその予定はない。

なぜなら今使っているパソコンはWindowsなのだが、次はMacにするかどうか迷っている。

そこからかよ!という感じなのでまた時間がかかりそうなのだ。

そんなことしてるよりも早くYouTubeを出したいからパソコン問題とりあえず保留。

ゲーム配信も同じく保留にする。

YouTubeを続けること

このブログも以前は1つのジャンルに特化させたものだったが雑記に変更した。

YouTubeとPodcastの音声もブログと同じジャンルで配信していたが雑談に変更。

ブログもYouTubeも始める時に調べている。

ただの日記ブログは別にして、だいたいジャンルバラバラより特化させた方がいいと出てくる。

その通りにやってみたが行き詰った。

何より楽しくない。

理由は簡単で、飽きるからだ。

特に私の性格は飽きっぽいので特化は向かない。

常に変化を求める性格には同じジャンルは行き詰る上に息も詰まるし自分らしさに欠けてくる。

やっていることは1つでも内容は様々なことがいい。

どういうことかと言うと、ブログの場合は文章を書くというのは1つの行動であるが書かれるジャンルは様々で、YouTubeとPodcastは話すという行動は1つでも話しているジャンルが様々であるということ。

この1つの行動というのは好きなことであり得意なことを選んでいる。

基本的に好きで得意なことは飽きずにできるが、中身に興味がなかったら続けるのは厳しい。

続かないとやる意味がないので、動作は好きで得意なこと中身は興味のあることでなければならない。

ブログもYouTubeも自分が楽しくないとなかなか続かないのではないか?

YouTubeは自分が楽しいからではなく、視聴者のことを考えた動画をとかなんとか言っている人もいるが、それもあるとは思うけど1番重要なのは続けられるのかということである。

視聴者のことを考えるのはもちろん必要で、例えば聴きやすいわかりやすい音声で見ていて気分の悪くならない内容とか意識するのは当然だ。

でもそいういった常識をクリアしているとは別なところでは、自分が楽しいものがいいのではないだろうか?

どこかに勤めているのなら楽しいとか言ってられないが、自分でやろうと思っているものは楽しくないと続かないと思うがどうだろうか?

広告収入目的のブログやYouTubeなら自分が楽しいだけではうまくいかないかもしれないけど、これも続かないと収入はない。

とはいえ、自分が楽しいからと言って誹謗中傷・批判悪口スタイルはどうかと思うが。

この物申す系・ネガティブ系はなんだかんだ言って再生回数が伸びている。

世の中に批判は必要であるが、誹謗中傷と悪口はわざわざ世に出す必要はない。

言われた方は間違いなく嫌だろうし、見ている方も気分が悪くなったりもするため負のコンテンツである。

あと間違った情報も。

その方法はその人にはいいかもしれないけど、見た人はできないかもしれないみたいな情報。

その人と同じようになれると勘違いするようなあおりのある情報。

そんな負のコンテンツにも収益があったりしてこの世はなんなのかと思う。

有益なコンテンツを出していてもたいして見られなかったり、ましてや収益もないブログやチャンネルはたくさんあるはず。

内容に意味がなくても、おもしろかったり笑ったり楽しかったり気分が良くなったり元気が出たりするコンテンツに収益が多く発生してほしいわ。

もちろん意味があって役に立つ内容にも。

さて、今の私はまだ迷走中である。

ブログは雑記、YouTubeとPodcastの音声は雑談というのは決まっているのだが、YouTubeの動画をどうするか。

パソコンのスペックが低いなんて思ってもみなかった。

今まで特に問題なく使ってきたしね。

しかもキャプチャーボードを買って使ってみてからわかるというミス。

ちゃんと調べたらわかったかもしれないのに頭にもない。

もう自分で撮影したで動画でその上に音声乗せようと思う。

スマホで撮影する時のスタンドと手ぶれ補正のジンバル・スタビライザーも持ってるし。

全然使ってなかったけど。

ゲーム配信できるようになったらやっぱりゲームとは関係ない雑談ではなく、その遊んでるゲームの雑談にして、自分で撮影した動画の時は好きな雑談にするかとか。

頭の中はYouTubeに出す動画で回っている。

こんなしょーもないことも趣味だからできることである。

自分が楽しければ収益なんてもうあってもなくてもどっちでもいいわ。